薬なしで尿酸値を下げる方法は運動、水分補給、食事、

尿酸とは、細胞や新陳代謝の過程で出るゴミにあたるものを指します。

常に、体内に蓄積されますが、通常は、血液を流れた後、汗、便、尿などで排出されます。

ところが、何らかの原因で、この尿酸の排出がうまくいかないと血中に入って、血中の尿酸濃度が高くなります。

つまり、尿酸値とは、「血液中の尿酸の濃度」のことで、血液100ml中の尿酸量を数値にしたものです。

尿酸値が高いと言われる基準値は、7.0ml/dlです。

特定の原因は不明ですが、30才以上の男性で毎日酒を飲む、脂っこい食べ物が好き、太っている、ストレスが多い生活をしている、というような生活習慣が尿酸値に影響することがわかっています。

尿酸は、水に溶けにくい物質のため、尿酸値が高くなると、体の中に溜まっていきます。

全身を回っているため、目や腎臓など色々なところに溜まりますが、なかでも、溜まりやすいのは関節です。

溜まって固まったものが「結晶」になります。

そして、血中に剥がれ落ちると「痛風」になり、足が腫れ上がり、炎症を起こします。

また、結晶化したものが大きくなると、結石になり、腎臓から尿道に出ると痛みを伴い、血尿になることもあります。

この尿酸値を下げるには、薬の服用もありますが、ここでは、薬に頼らない方法を紹介します。

それには、適度な運動をする、まめに水分を取る、食べ方を変える等が必要です。

肥満の人が痩せると尿酸値が低くなることが多いので、適度な運動をして肥満防止につなげることが大切です。

激しい運動は、逆に尿酸値を上げることもあるので、水泳やウォーキングなどの有酸素運動がお勧めです。

週に4回以上継続するようにしましょう。

次に尿酸飽和濃度を減少するために、1日2000mlの水分補給を心がけましょう。

また、食事のとり方ですが、夜9時以降は食べない、ゆっくり食べるなどが大切です。

すぐに効果は出ないかもしれませんが、毎日続けましょう。

痛風患者など、尿酸値の高い人の大半は肥満体形です。

水分を良く取り、運動をして、食事の習慣を変えれば肥満が解消され、尿酸値も改善されていきます。

(滋賀県 ゆうちゃんさん)




膀胱炎に五淋散が効きました。

わたしは疲れが溜まるとよく膀胱炎になり、辛い思いをしていました。

しかし、泌尿器科に行く勇気が出ずに、なんとか市販薬で済ませられないかと思い、調べてみると五淋散(ごりんさん)という市販薬が効くとの評判だったので、近所のドラッグストアで購入してみました。

本当に五淋散が膀胱炎に効くのか不安に感じながらも、いざ膀胱炎の症状が出たときのために、常備薬として保管しておくことにしました。

しばらく経ったある日、仕事で疲労が重なり、膀胱炎の症状が出たので、さっそく五淋散を服用してみました。

五淋散は漢方薬ということで、飲めないほど苦かったらどうしようか。と心配していましたが、実際に飲んでみると、とても飲みやすいものでした。

五淋散を服用してみると、頻尿や軽い排尿痛が緩和されて、2〜3日服用し続けると症状が治りました。

結果として私の場合は、

五淋散は膀胱炎に効きました。

これで膀胱炎に悩まされていた私も、泌尿器科に行くこともなく、五淋散を飲めば治るということが分かりました。

ただし、血尿が出るなどの重い症状が出るまでの状態になってしまうと、さすがに泌尿器科に行かざるを得ないのでしょうが、そうなる以前に、軽い症状の段階で五淋散を服用しておけば、重い症状になることはないでしょう。

ちなみに、膀胱炎になりやすい人は、体質や細菌などに膀胱が感染しやすいそうです。

ですから、ゆっくり時間を掛けて漢方薬で治す方が良いようです。

もちろん市販の抗生剤でも症状を抑えることは出来ますか、それでは根本的な改善にはなりません。

漢方薬である五淋散を服用して、時間を掛けて体質を改善していく必要があるわけです。

膀胱炎は、更年期障害にも繋がっていく可能性があるものなので、しっかり体質を改善し、体を整えて行く必要があると思います。




カロナールの市販品を通販で購入する方法

カロナールと同じ成分(アセトアミノフェン)を含んだ市販品タイレノールが格安で購入することができます。

販売サイトはオオサカ堂といいます。

商品名:タイレノール(Tylenol)500mg 【1箱200錠】
内容量:1箱200錠
発送方法:国際書留郵便
在庫場所:タイ
販売価格:30錠(小分け) 1,254円 ($11.00)
     100錠(小分け) 1,710円 ($15.00)
     1箱(200錠) 2,850円 ($25.00)

>>カロナールの市販品の購入はこちら




風邪に頭痛にカロナールが良く効きました。

私のかかりつけのクリニックは、風邪を引いても、頭痛で体調が悪くても処方される薬は解熱剤のカロナールです。

なので、私の中では解熱剤のカロナールをもはや飲みなれた薬と言う感じさえしています。

一番最初に解熱剤のカロナールが処方されたのは今から約5~6年前の事だったと思いますが、その時は久々に高熱が出るという風邪を引いたのです。

クリニックへ行くにも家族の手を借りないと、なかなか1人では難しいと感じるほどの倦怠感もありましたが、何とかクリニックへ行けました。

その時に熱が下がらなかったり、どうしても頭痛が治まらなかった場合に、6~7時間空ければ追加して飲んでも良いとの事で、解熱剤のカロラールが出たことが初めての出会いでした。

クリニックを出るときに解熱剤のカロナールを飲んで、その後、自宅で休みましたは、とりあえず、高熱は約1時間程すると、いったんは下がりました。

しかし、一度の解熱剤カロナールでは完全に下がりきらず、また夜になって、何とか食事を済ませて追加でカロラールを飲みました。

翌朝は少し微熱が残りましたは、カロナールを飲むほどではなかったので、クリニックでカロナールを処方されて2回程で高熱は下がったという感じでした。

その後も私の家の薬箱には解熱剤のカロナールが入っているので、熱が出たり、頭が痛くなったりすると、症状が酷くなる前にカロナールを飲む様にしています。

医師の説明だと、それ程強い薬ではないと聞いたので、比較的安心感を持ちながら飲むことが出来るような気がしています。

今のことろ、私の身体には解熱剤のカロナールは合っているのではないかと感じる薬であると思います。
解熱剤ですが、頭痛にも効くと思います。




市販されていないメチコバールを通販で購入するには

メチコバールは市販されてなくて、薬局やドラッグストアーで市販品を買うことはできません。

しかし、海外の個人輸入代行サイトから購入することができます。

商品名: メチコバール錠500μg:100錠(PTP)
一般名称:メコバラミン製剤
販売価格:5,192円(送料無料、消費前なし)
在庫場所:シンガポール
製造元:エーザイ 株式会社
販売元:エーザイ 株式会社

>>メチコバールの購入はこちら