ラベルフィーユ28錠を避妊目的で使用していました

わたしはラベルフィーユ28錠を服用していました。

ラベルフィーユ28錠を避妊目的で使用していましたが、避妊以外にも様々なメリットがあったのでご紹介します。

ラベルフィーユ28錠の飲み忘れがないように、洗面台に置いてシートを保管しておいて、毎朝歯みがきをする時にラベルフィーユ28錠を飲むことに決めていました。

同じ時間にきちんと飲めた時は、次の生理がいつくるのか、ピッタリと言い当てることができるほど正確に毎月の出血がありました。

ラベルフィーユ28錠のメリット

そのため、ピルを飲む前のようないつ生理がくるのかな?という不安や、前もって生理用品を当てておく必要がなく、外出先でも荷物が少ないというのが大変便利でした。

ラベルフィーユ28錠を服用すると生理になる日が分かるので、旅行などのスケジュールが立てやすいというメリットもあります。

ラベルフィーユ28錠を服用する前は、毎月思い生理痛に悩まされていたのですが、ラベルフィーユ28錠を服用するようになって嘘のように生理痛がなくなったのも快適でした。

ラベルフィーユ28錠のデメリット

ラベルフィーユ28錠の服用のデメリットとしては、やはり毎日確実に飲まなければならないという煩わしさではないでしょうか。

ラベルフィーユ28錠を飲み忘れた場合にすごく焦るのと、これまで飲んできたことが無意味になってしまうので精神的にしんどかったです。

ホルモンを体に入れることが不安だったので、半年に一度、かかりつけの産婦人科で定期検査(血液検査)を受けていました。

ラベルフィーユ28錠の代金とその検査費用が高いという点もデメリットになるかと思います。

ラベルフィーユ28錠は通販で売っているものもありますが、不安があったので、私の場合は、きちんと産婦人科で処方してもらっていました。

一度、ラベルフィーユ28錠に頼ってしまうと、便利過ぎていつまでも頼ってしまう依存性や、ホルモン剤を体の中に入れ続けることへの根拠のない恐怖感がありました。

ラベルフィーユ28錠を止めた理由もその依存性と根拠のない恐怖感からです。

ラベルフィーユ28錠の服用にはデメリットもメリットもありますが、ラベルフィーユ28錠を服用していた期間の妊娠しないことへの安心感や、生理予定日の分かる安心感、生理痛のない快適さは相当のものだったことは確かです。

ラベルフィーユ28錠の服用を迷っている人は、メリットとデメリットのバランスを考えて決断されることをおすすめします。

(奈良県 馬の耳に小林さん)

ラベルフィーユ28は今通販では売っていないようです。

同じ、3相性のピルのトリキュラーやアンジュなら通販で購入できます。

トリキュラーの個人輸入の体験談はこちら




「生理来ない」がなくなるかも?低用量ピルを飲んでみた!

念願の初彼氏。

「生理が来ない!どうしよう!」と不安になった女子は数多くいることでしょう。

私もその経験者の一人。

不安になると、余計生理が遅れたりするんですよね。

もともと生理不順だったこともあって、いつも杞憂に終わっていたのですが。

しかし「毎月心配してたんじゃ体持たないよ!」と心配性の彼が、ネットでいい方法がないか検索。

そこで発見したのが「低用量ピル」でした。

でもまあ、当の本人である私は「薬だし、副作用とかありそうで怖い」とか「婦人科に行かなきゃいけないのが面倒くさい」というのが本音。

しかし、心配してくれる彼に連れられて、しぶしぶ病院に行きました。

そこで処方されたのがトリキュラー28という低用量ピル。

低用量ピルにもいろんな種類があって、飲み方が違うそうです。

このトリキュラー28の場合には、21日間毎日同じ時間に飲んで、7日間休薬して、8日目からまた新しいシートの21錠を開始するサイクルの繰り返し。

この休薬をしている7日間に偽薬を飲みます。

偽薬を飲んでる間は、ただの白い錠剤を毎日せっせと飲む地味な作業ですが、私はこの偽薬があるおかげで次のシートの開始日を忘れずに済みました。

なので、私のようなうっかりさんには偽薬があるタイプがいいかと。

毎日同じ時間に服用というのが、かなりめんどくさいのですが、私の場合は夜寝る前の12:00に飲むようにしてました。

習慣になってしまえば苦ではないかな。

気になる効用ですが、一番大きいメリットは「生理がぴったり予定通りに来る!」ということ。

避妊効果はもちろん、生理不順が治りました。

あとは、生理前のイライラも気にならなくなったかな。

やっぱりめんどくささは拭えないけど、それ以上のメリットがあります。

心配性の人、心配性の彼氏持ちの人は試してみる価値ありますよ。

ピル個人輸入サイトはこちら




低用量ピルはつらい生理痛がなくなる有り難い薬です。

私は生理痛が酷いのと、絶対に妊娠したくなかったので低用量ピルを使っていました。

私が使っていたのは、毎日休みなく、決まった時間に服用するタイプです。

生理の始まった週の日曜日から服用開始するようにと医師に言われたのでそのとおりにしました。

1シート2,500円で3シート購入。

飲み忘れてしまうと避妊効果は無くなるので、絶対に忘れないよう携帯のアラームを毎日かけて服用していました。

1日の飲み忘ればセーフで、次の日に2錠飲みます。

2日飲み忘れてしまうとアウトで、そのシートは丸々無駄になります。

破棄します。

そして次の生理を待って、また新しいシートでやり直し。

そのように指導を受けました。

ピルの効果のほどはといいますと、

ピルを飲み始めた月から生理痛がほとんどなくなりました。

これには驚きと感動で、こんな便利なものが世の中にあるのだなぁと感謝したくらいです。

生理の時の出血量も、かなり少なく、いつもなら7日は続くところ、2、3日で終わるようになりました。

本当に生理が苦痛じゃなくなったのです。

相当に悩まされていた生理前の頭痛や吐気もなくなりました。

避妊効果も抜群だと思います。

そんなこんなでピルの服用は私には良い事尽くしでした。

一年ほどピルを服用した後に、ようやく子供が欲しくなったのでピルを止めると三ヶ月くらいで妊娠しました。

(千葉県柏市 ゆうりさん)

ピルを購入するならこちらのサイトが安いです。
↓↓↓↓↓↓
ピル通販安い




避妊目的で低用量ピルを服用していました。

ピルを服用した目的

私はまだ独身時代に低用量ピルを使用したことがあります。

それはお付き合いしている彼がいて、避妊の目的のために飲んでいました。

ピルの注意点

一番大変だなと思っていたのが、毎日同じ時間に低用量ピルを飲まなければならないということです。

人間ですからついつい忘れてしまうことがあるので、その点に注意していました。

私が低用量ピルを飲んでいたのは会社員時代だったので、忘れないようにちょうどランチの時に飲むようにしていました。

当時一緒にランチをしていた先輩も低用量ピルを飲んでいたので、お互いに忘れないように注意していました。

ピルの値段

その他に少し困ったなと思っていたのが低用量ピルの料金です。

医療機関で低用量ピルを処方をしてもらうのですが、保険の対象外となってしまうので料金が高めになってしまうことです。

1シート3000円くらいするので、お金のない月には少し困ったな~という感じでした。

しかし、きちんと飲んでいれば万が一の時でも避妊効果がありますし、できるだけ長い期間低用量ピルを飲むようにしていました。

ピルの副作用

低用量ピルを飲んだはじめのころは少しだるかったり、吐き気があったりしましたが慣れてくると全く大丈夫になりました。

ピルにはニキビにも効果が

低用量ピルはニキビの治療薬としても効果があるということで、飲んでいる間にニキビに悩まされることは全くありませんでした。

(神奈川県 りんごさん)