フロモックスは歯茎の腫れや外耳炎、ものもらいなどに安心して使える抗生物質

わたしはこれまで歯茎が腫れたり、外耳炎にかかったときなどにフロモックスを処方されたことがあります。

最近では中学生の娘がものもらいになり、眼科でフロモックスを処方されました。

フロモックスはなんらかの原因で、皮下に膿がたまったり腫れてしまうなどの症状があらわれた際に効果を発揮する薬であることはわかっています。

フロモックスを服薬するといつも一粒目からすぐに効果を感じます。

歯茎が腫れることは、体力が低下しているときなどにあらわれやすい症状だと聞いています。

同じような日常を過ごしているつもりでも、忙しさやストレスによって疲労が溜まってしまっていることは珍しいことではないようです。

身体から休養を取るべきサインとして解釈すべき場合もあるという話もよく耳にしますし、実際自分も思い当たるケースばかりです。

フロモックスは小粒の錠剤ですから、服薬の際に不快感を感じたことはありません。

フロモックスは抗生物質なので、処方された分は飲みきるべきなのでしょうけれど、いざというときのお守りのために1、2粒ほど残しておきたい気持ちにもなります。

腫れや化膿などは放っておいても治るケースはありますが、自然治癒力に任せておくと時間がかかることもあります。

また、抗生物質を使わないことで、悪化を招くことも十分にありえることです。

腫れたり化膿している部分によっては、これが原因で重症になってしまうことも考えられます。

患部の痛みや不快感、生活する上での不便を鑑みても、できるだけ早く症状を和らげたり回復させることが一番です。

そんなときはやはり、市販薬として購入することができない抗生物質を処方してもらうためにも、自己判断ではなくきちんと診察をうけるべきだと考えているので、安心のためにもわたしは必ず受診するようにしています。

(北海道 めるさん)

フロモックス市販




市販のクラリチンを花粉症対策に服用!残念ながら効果がありませんでした。

毎年春になると花粉症で鼻づまりやくしゃみや鼻づまりといったアレルギー症状がひどくなります。

この季節は耳鼻科はすごく混雑していていつも1時間待ちぐらいなのが嫌で、自分で市販の花粉症薬であるクラリチンを飲んでみることにしました。

クラリチンは今までは医者から処方される処方薬だったのですが、ここ数年で薬局やドラッグストアでこ購入できる市販薬になったようです。

クラリチンはもともと処方薬だったぐらいですから花粉症に対する効果はかなり良いのではないかと期待していました。

クラリチンは1日に一回、非常に小さな粒を一粒飲むだけという薬でした。

一回飲めば一日中効果が持続するのだとすればかなり使える花粉症薬だと思い、とりあえず服用してみたのですが、残念ながらほとんど効果がありませんでした。

1日飲んだぐらいでは効果が現れないのかと思い、1週間ほどクラリチン服用を続けて見ました。

しかし、何日クラリチンを飲んでも花粉症の鼻づまりや鼻水の症状が改善されることはほとんどありませんでした。

私のように花粉症になって何年も経つ人や、花粉症の症状が思い人にはクラリチンはあまり効果がないのではないかと言う結論に至りました。

(あくまでも個人の結論です。笑)

結果的にはクラリチンよりも耳鼻科でもらった花粉症薬の方が何倍も効果があったように思います。

ただ、クラリチンは花粉症にだけ効果があるわけではなく、花粉症の季節以外の時期に単なる鼻炎などの症状の時には、それなりの効果がありました。

なのでそのことがわかってからは花粉症の時にはクラリチンを服用せずに耳鼻科の処方薬を飲み、鼻炎の時にはクラリチンで対応するという使い分けをするようになりました。

アレルギー性鼻炎は長年患っていると本当に辛いものです。

しかしクラリチンのような薬が簡単に薬局で手に入るのはとても便利な時代になったと思います。

(神奈川県 まこさん)




私の肩こり対策はお風呂で体を温めてからストレッチ

デスクワークの為、慢性的な肩こりに悩む私の肩こりの対処法をお知らせします。

まず体を温めて血行を良くします。

帰宅したらお風呂に入り、肩までお湯に浸かって温まり、軽く肩を揉みほぐします。

40℃位のお湯に15分以上浸かっていると、体が芯から温まって、血行が良くなります。

次にお風呂から上がったら、体が温かいうちにストレッチをします。

頭を前後左右にゆっくり倒し、首の筋肉を伸ばします。

腕を体の横にぴったりつけたまま、肩を前に10回、後ろに10回ゆっくり回し、肩甲骨をほぐします。

手を組んで腕を前後上下に伸ばし、背中をほぐします。

前屈運動、腰を回す、屈伸運動、アキレス腱伸ばしをします。

ストレッチは肩だけでなく、首、肩、背中全体、と繋がっているのを意識して全身をほぐすと良いです。

この後家族にでも揉んでもらうとスッキリするのですが、これだけでも大丈夫です。

以前は湿布を使っていましたが、すぐ無くなるし、あまり効かなくなって来たので、今の方法に変えました。

温めてストレッチ、は肩こりだけでなく、全身の疲れも取れますし、冷え性も改善するのでお勧めです。

それと私は目の疲れが肩に来たりもしているので、帰宅後はあまり目を使わないようにしています。

目のマッサージは、目の周りの骨に沿って、指で優しく押します。

蒸しタオルを作って、目の上を温めるのも、気持ち良くてお勧めです。

ちなみに私は昔、猫背からの肩こりがありましたが、姿勢を良くすることを心掛けて猫背を治すと、肩こりも無くなりました。

猫背の人は肩こりが起きやすいので、頑張って姿勢を治すと良いと思います。

私の猫背の治し方は、背中を反らすストレッチと、腹筋と背筋の筋トレを、毎日10回×3セット続けます。

顎を引いて、頭のてっぺんから吊られるイメージで背筋を伸ばすのを意識して生活すると、自然と治りました。

猫背の人は是非試してみてください。

(東京都 ささみさん)

市販されていない肩こりの薬のテルネリンがこちらから買えます。