アンテベート軟膏は肌のかぶれや湿疹に早く効きます。

生れた時から肌が弱かった息子。

小学校に入ったころから肌も大分強くなり皮膚科に通うことも少なくなりました。

それまでは肌がすぐにかぶれる、湿疹が出ることが日常茶飯事だったので皮膚科に通い続ける毎日でした。

生後4か月のころから皮膚科に通っていました。

当時は頬がかぶれ、抽出液が出てしまっているような状態だったので、赤ちゃんの頃から様々な皮膚用の塗り薬を使っていました。

そのため、どんな薬が処方されても驚きはしなくなっていました。

かなり強いステロイド剤なども使用しながら、大きくなるにつれてやっと季節の変わり目などでも湿疹や蕁麻疹、肌荒れをおこすことも少なくなっていました。

しかし、疲れがたまっていたり風邪をひくと体のどこかに肌荒れやかぶれ、湿疹が出てしまうことがありました。

冬休みに入ってから息子が寝ている時に肘と肩を搔いていることがあり、気になってみてみると肘と肩の一部分だけ湿疹が出ており掻いてしまっているからか、かさついた皮膚になっていて、小さな鱗のようにかぶれた肌になっていました。

今まで様々息子の肌の状態を見てきましたが初めて見た肌の状態だったのでびっくりしましたが年末年始は病院がお休みして入りこともあり年末ギリギリにいつも見てもらっている皮膚科を受診しました。

先生は息子の肌の状態をよく知っているので鱗のようになった肘と肩を見ても驚くこともなく、その時に処方されたのがアンテベート軟膏でした。

先生曰く、今までの肌の状態よ比べたらたいしたことはなく、アンテベート軟膏を一日2回塗ればすぐに綺麗な肌に戻りますよ。

と言われたのでそんなに悪い状態ではないんだと安心し自宅に帰ってからお風呂上りと朝にアンテベート軟膏を患部に塗りました。

そんなに悪い状態ではないようだったのであまり心配してはいませんでしたがアンテベート軟膏を塗り3日ほどしたころには肌の状態も回復し湿疹もかぶれも良くり肌も綺麗になっていました。

アンテベート軟膏にも副作用があるようですが息子には全く副作用も出ず、肌の湿疹やかぶれもすぐに回復したので安心して使うことのできる塗り薬でした。

以前に比べればだいぶ強くなった息子の肌ですが、少しのことでまだ湿疹が出たりかぶれてしまうことがあるので、アンテベート軟膏のように塗ってすぐに効果が出る薬は息子のように肌の弱い肌質の人にはとても助かります。

(千葉県 心配性のママさん)

アンテベート軟膏市販