市販のクラリチンを花粉症対策に服用!残念ながら効果がありませんでした。

毎年春になると花粉症で鼻づまりやくしゃみや鼻づまりといったアレルギー症状がひどくなります。

この季節は耳鼻科はすごく混雑していていつも1時間待ちぐらいなのが嫌で、自分で市販の花粉症薬であるクラリチンを飲んでみることにしました。

クラリチンは今までは医者から処方される処方薬だったのですが、ここ数年で薬局やドラッグストアでこ購入できる市販薬になったようです。

クラリチンはもともと処方薬だったぐらいですから花粉症に対する効果はかなり良いのではないかと期待していました。

クラリチンは1日に一回、非常に小さな粒を一粒飲むだけという薬でした。

一回飲めば一日中効果が持続するのだとすればかなり使える花粉症薬だと思い、とりあえず服用してみたのですが、残念ながらほとんど効果がありませんでした。

1日飲んだぐらいでは効果が現れないのかと思い、1週間ほどクラリチン服用を続けて見ました。

しかし、何日クラリチンを飲んでも花粉症の鼻づまりや鼻水の症状が改善されることはほとんどありませんでした。

私のように花粉症になって何年も経つ人や、花粉症の症状が思い人にはクラリチンはあまり効果がないのではないかと言う結論に至りました。

(あくまでも個人の結論です。笑)

結果的にはクラリチンよりも耳鼻科でもらった花粉症薬の方が何倍も効果があったように思います。

ただ、クラリチンは花粉症にだけ効果があるわけではなく、花粉症の季節以外の時期に単なる鼻炎などの症状の時には、それなりの効果がありました。

なのでそのことがわかってからは花粉症の時にはクラリチンを服用せずに耳鼻科の処方薬を飲み、鼻炎の時にはクラリチンで対応するという使い分けをするようになりました。

アレルギー性鼻炎は長年患っていると本当に辛いものです。

しかしクラリチンのような薬が簡単に薬局で手に入るのはとても便利な時代になったと思います。

(神奈川県 まこさん)