ラベルフィーユ28錠を避妊目的で使用していました

わたしはラベルフィーユ28錠を服用していました。

ラベルフィーユ28錠を避妊目的で使用していましたが、避妊以外にも様々なメリットがあったのでご紹介します。

ラベルフィーユ28錠の飲み忘れがないように、洗面台に置いてシートを保管しておいて、毎朝歯みがきをする時にラベルフィーユ28錠を飲むことに決めていました。

同じ時間にきちんと飲めた時は、次の生理がいつくるのか、ピッタリと言い当てることができるほど正確に毎月の出血がありました。

ラベルフィーユ28錠のメリット

そのため、ピルを飲む前のようないつ生理がくるのかな?という不安や、前もって生理用品を当てておく必要がなく、外出先でも荷物が少ないというのが大変便利でした。

ラベルフィーユ28錠を服用すると生理になる日が分かるので、旅行などのスケジュールが立てやすいというメリットもあります。

ラベルフィーユ28錠を服用する前は、毎月思い生理痛に悩まされていたのですが、ラベルフィーユ28錠を服用するようになって嘘のように生理痛がなくなったのも快適でした。

ラベルフィーユ28錠のデメリット

ラベルフィーユ28錠の服用のデメリットとしては、やはり毎日確実に飲まなければならないという煩わしさではないでしょうか。

ラベルフィーユ28錠を飲み忘れた場合にすごく焦るのと、これまで飲んできたことが無意味になってしまうので精神的にしんどかったです。

ホルモンを体に入れることが不安だったので、半年に一度、かかりつけの産婦人科で定期検査(血液検査)を受けていました。

ラベルフィーユ28錠の代金とその検査費用が高いという点もデメリットになるかと思います。

ラベルフィーユ28錠は通販で売っているものもありますが、不安があったので、私の場合は、きちんと産婦人科で処方してもらっていました。

一度、ラベルフィーユ28錠に頼ってしまうと、便利過ぎていつまでも頼ってしまう依存性や、ホルモン剤を体の中に入れ続けることへの根拠のない恐怖感がありました。

ラベルフィーユ28錠を止めた理由もその依存性と根拠のない恐怖感からです。

ラベルフィーユ28錠の服用にはデメリットもメリットもありますが、ラベルフィーユ28錠を服用していた期間の妊娠しないことへの安心感や、生理予定日の分かる安心感、生理痛のない快適さは相当のものだったことは確かです。

ラベルフィーユ28錠の服用を迷っている人は、メリットとデメリットのバランスを考えて決断されることをおすすめします。

(奈良県 馬の耳に小林さん)

ラベルフィーユ28は今通販では売っていないようです。

同じ、3相性のピルのトリキュラーアンジュなら通販で購入できます。

トリキュラーの個人輸入の体験談はこちら